どのような検査を行いますか?

一般的には、超音波検査・血液検査(ホルモン検査・クラミジア抗体検査・抗精子抗体検査・甲状腺ホルモン検査・糖尿病検査・感染症検査など)・子宮頸がん検査・子宮卵管造影検査などの検査を行います。

パートナーの方には、精液検査、血液検査(感染症検査など)を行います。また必要があれば子宮鏡という内視鏡を使っての検査や病理組織検査も行います。

もし、1年以内に別の病院で行っている検査につきましては当院では行わなくても結構ですので、検査結果をお持ちください。また、検査を希望しない方はその旨を医師にお伝えください。

検査は健康保険の適用になりますか?

不妊治療には、健康保険が適用になる検査・治療と保険適応外(自費)の検査・治療があります。人工授精や体外受精、顕微授精といった生殖補助医療による治療は保険適用ではなく、保険適応外(自費)診療となります。そのため、各々の患者さまにとって必要と考えられる検査の一部は、健康保険の適応にならないことがあります。

また、保険診療と自費診療は同時に行うことは認められていません。